« 2012年12月9日 第72回 To Do 忘年 ジャムセッション | トップページ | Play with Rod Williams 関西編 »

2012年12月13日 (木)

2012年12月24日 月曜日・祝 Jam On Stage Vol.29 at Jam Jam 中津

SNS mixiのコミュニティーから発生した
ジャズ演奏者とジャズボーカリストのための
ジャムセッションです・・・・

最近はSNS以外の方々の参加も増えてきたので
公開することに致しました。

皆様
宜しくお願い致します。


Jam On Stage Vol.29exclamation ×2 

Christmas EVE Swing & Groove Session!!

関西を中心に大活躍中の
祖田修(pf)、大倉甲(b)、鳥垣優羽(ds)
を迎えての豪華ジャムセッションるんるん 



超初心者の方からプロの方まで
楽しんでいただけるジャムセッションでするんるん 

大阪、中津にあるLive Bar
『JAM JAM』で行いますビール 


1セッションって一体何をしてよいのかわからない方

2他のセッションに参加したのは良いが何か寂しい思いをした経験ある方

3テーマしか演奏できない方

4なんとかソロは演奏できるのだがいまいちしっくりこない方

5その他モロモロ

ベテラン・ミュージシャンが優しく指導いたします
ハート特に婦女子優遇ハート 

4ビートに慣れてない方るんるん 
いまいちスウィング感がつかめない方るんるん 
グルーブ感を身につけたい方ムード ムード 

一緒に演奏すれば大丈夫です電球 

とりあえず見学だけもOK耳目 

ボーカルの方は自分が歌うKeyの
譜面をご用意くださいカラオケ 

飲みながら食べながら
楽しみましょうビール 




【演奏曲】 ( )内は演奏されるkeyです

《ブルース》
Bag's Groove (F)
Tenor Madness (Bb)
Straight No Chacer (F)
Blue Monk (Bb)
Mr.P.C. (Cm)
Now's The Time (F)
C Jam Blues (C)
Foot Prints (Cm)
All Blues (G)

《スタンダード》
Autumn Leaves (Gm)
I'll Close My Eyes (F)
Black Orpheus (Gm)
Bye Bye Blackbird (F)
The Days of Wine and Roses (F)
Blue Bossa (Cm)
The Girl from Ipanema (F)
Oleo (Bb)
A Night in Tunisia (F)
You'd Be So Nice to Come Home to (Gm)
There Will Never Be Another You (Eb)
In A Mellow Tone (Ab)
Softly as in a Morning Sunrise (Cm)
Moanin' (Fm)
St.Thomas (C)
My Favorite Things (Em)

《ファンク・8ビート》
Chicken (Bb)
Watermelon Man (F)
Cantaloupe Island (Fm)

ボーカル曲以外は
上記の中から当日集まったメンバーの
要望に答えつつ演奏曲を選びます




【ホスト】

行本清喜 (tp,quena)
http://seikiyukimoto.cocolog-nifty.com/about.html 

祖田修(pf)
http://www.phyesh.co.jp/soda/profile.html 

大倉甲 (b)

鳥垣優羽 (ds)


参加費用  2000円 

**ドリンクとフードは通常通り販売してますが
  任意でオーダーしていただく形式に変わりました。
 


中津 JAM JAM

http://nakatsujamjam.jimdo.com/ 

大阪市北区豊崎4丁目6-27PRECIOSO梅田101

TEL : 06-6371-0200



20121224jamjam02

|

« 2012年12月9日 第72回 To Do 忘年 ジャムセッション | トップページ | Play with Rod Williams 関西編 »

Live告知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年12月24日 月曜日・祝 Jam On Stage Vol.29 at Jam Jam 中津:

« 2012年12月9日 第72回 To Do 忘年 ジャムセッション | トップページ | Play with Rod Williams 関西編 »